教員

【小学校初任者必見!】学級開きってなに?どんなことををすればいいの?学級開きでやるべきこと5選

ねずちゃん
ねずちゃん
「学級開き」ってなに?どんなことすればいいの?
りょうこ
りょうこ
「学級開き」について知りたいんだね!

 

この記事を読むと……

「学級開きってなに?どんなことすればいいの?」の疑問が解決するよ!

 

こんな人にオススメ!

・4月から教員になる!

・あらかじめ準備をしておきたい!

・教員がどのように学級をスタートしているか知りたい!

 

学級経営は最初が肝心です。

黄金の3日間という言葉もあるほどです。

学級のスタートをどう切るかで、その後の学級経営に大きく影響しますよ!

「学級開きとは?」

と聞かれたら、私なら

 

りょうこ
りょうこ
学級の道しるべを示すこと

 

と答えます。(だいぶカッコよく書きました!)

 

ねずちゃん
ねずちゃん
そんなこと言われても、どんなことしていいのか分からないよ〜!

 

具体的に書きますね!

 

【初任者必見!】小学校教員の最初の仕事ってどんな仕事?辞令交付式から着任式・始業式・入学式まで ※自治体や学校によって違いがあります。ご了承願います! 私は小学校では非常...

 

担任がどんな人か伝える

4月はみんな不安です。

新しいクラス、新しい学年、新しい担任、新しい友だち、新しい教室…

新しいものずくめなんです!

だから、最初の自己紹介はとても大切

「この先生楽しいことしてくれそうだな…!」

「なんか頑張れそうだな…!」

「この1年楽しみだな…!」

そんな思いを子どもたちがもてるように、自分を知ってもらう必要があります。

私は、受け持つ学年によって自己紹介の仕方を変えていました

基本的には…

  • 1〜3年生…パペットを使って
  • 4〜6年生…iPadで絵を描いて、それをテレビに映し出して

4年生でもパペットを使ったことあります。

学年の実態によって、臨機応変に工夫していました。

準備が必要だし、時間もかかるけど、

「最初が肝心!!」

ということをとにかく自分に言い聞かせてやっていましたね。

パペットを使うのはなんだか恥ずかしいけれど、1、2年生には効果抜群です!(ブリブリの声は出さないタイプです💦)

パペットは次の日からモミクチャになるほどの人気者♪

中学年になるとちょっと手を加えて、ボイスレコーダーに事前に声を録音したものを流しながら、パペットを動かすなんてことをやっていました。

腹話術的な感じになるので、中学年でもちょっと驚いてくれます。

先生によってキャラもあるので、自分も楽しみながら自分らしさが出ることをやるのがいいと思います😊

自分の得意をこれでもか!というほど利用しましょ✨

 

 

どんなクラスを目指すのか伝える

子どもたちの成長を支えるのが教員の仕事。

1年後、子どもたちにどんな姿になって欲しいかを明確にしておく必要があります

例えば…

  • 「ありがとう」が飛び交うクラス
  • 困っている人に優しくできるクラス
  • 「成長したね」と言われるクラス
  • みんなで学び合えるクラス
  • 間違えを笑わないクラス など…

明確にしたうえで、子どもたちをそこに導かなければいけません。

担任には強烈なリーダーシップが求められます。

担任の考えがブレると、

「あ、この先生大したことないな。」

「チョロいちょろい!」

と、敏感に感じた子どもたちが、学級をひっかき回すことにつながるんです。

学級開きでは、担任がどんな学級を目指すのかを、子どもたちに分かりやすく伝えましょう。

担任の考えを伝えたうえで、学級目標を子どもたちと一緒に作るという流れです。

 

ねずちゃん
ねずちゃん
ほんっと最初が肝心なんだな〜!!

 

教員がもっておきたい技術とは?すぐにマネできる技術はこれだ!【#三行教育技術】 年末にTwitterでおもしろいツイートが流れてきました。 【三行教育技術、募集!】みんなの教育技術編集部では、「...

 

どんなことを大切にして欲しいか伝える

目指す学級像を伝えた後は、そのためにどんなことを大切にして欲しいのかを伝えます。

ゴールだけ示しても、その方法を示さなければ、子どもたちはどうすればよいのか分かりません

大切にして欲しいことをなるべく具体的に…

  • 話を聴く
  • 挨拶をする
  • たくさん遊ぶ
  • みんなで学ぶ
  • 自分らしさを大切にする
  • 友だちを大切にする など

これはあくまでも例です。

他にもたくさんあるとは思いますが、その学年や児童の実態に合わせて考えます。

たくさんありすぎても子どもたちの印象に残らないので、厳選することも必要です。

 

 

 

 

どんなことは許せないのかを伝える

楽しく、おおらかに毎日を過ごせるのが1番です。

ただ、学級を受け持つと本当に毎日いろいろなことが起きます

担任として

「これは絶対に許せない!」

ということを明確にして、毅然とした態度で子どもたちに伝えなければいけません。

ここもブレてはいけないポイントです。

「楽しそうな先生だな♪」

と思わせると同時に、

「この先生はこういうことをすると許さないんだな。」

と、理解させることが絶対に必要です。

こんなことは許せない!(例)

  • いじめ
  • 命に関わるような危ないこと
  • 同じことを何回も注意させること など

新年度が始まってすぐは、まだ子どもたちも緊張しています。

この時期に、担任として許せないことを真剣に伝えておくことが最も大切です。

子どもたちがクラスの雰囲気に慣れた1ヶ月後じゃダメなんです。

これができないと、緩んだ雰囲気から学級崩壊につながる可能性が高くなります

そのくらい危機感を持たなければいけないのが、教員の仕事です。

 

りょうこ
りょうこ
後々自分を助けることにもつながりますから、大変でも頑張ってくださいね!

 

元小学校教員の私が考える【小学校教員のもつべき10の心得】パート1 【小学校教員のもつべき10の心得】 私が考える、小学校教員のもつべき10の心得は、ズバリこれです! ...

 

元小学校教員の私が考える【小学校教員のもつべき10の心得】パート2 https://ryooookoo.com/kyouinkokoroe1 ・臨機応変に...

 

クラスのシステムを伝える

システムというと難しく聞こえますが…

主に給食、掃除、係活動のやり方ですね✨

給食や掃除に関しては、学校や学年によってやり方が違うので、学年の先生によく聞いてください。

給食はおかわりの仕方や片付けるタイミングなど、最初に伝えないと子どもたちが混乱して大変なことになります。

掃除も机の上げ下げから、ほうきではく方向など、細かいことも伝えなければいけません。

私が初任のときは、給食や掃除のやり方は学年集会で他の先生が伝えてくれました。

 

りょうこ
りょうこ
きっと、私が初任だったから助けてくれたんだと思います!ありがたかったな〜!

 

【小学校教員のリアルな1日】を大公開!こんなに激務!働き方改革急務! 教員ってどのくらい忙しいの? これ、自信もって言えます。 メッッッッッッッッッッッッッッッッチャ...

 

まとめ

学級開きでやるべきこと

・担任がどんな人か伝える

・どんなクラスを目指すのか伝える

・どんなことを大切にして欲しいか伝える

・どんなことは許せないのかを伝える

・クラスのシステムを伝える

 

今日は、学級開きについて書きました。

こんな偉そうなことを書いている私ですが、初任から3年間は大した準備もせず、のほほんと新学期を迎えていました。

私の学級開きの意識が変わったのは、児童指導が大変な学校に転勤したのがきっかけです。

「普通に新学期を迎えたらすぐに学級崩壊する…!」

という恐怖感をもつようになりました。

そこから、学級開きを大切にするようになりましたね…。

でも、残念ながら、学級開きをしっかりすれば、

「1年間何事もなく過ごせる!」

という訳ではありません

どんな学級でも問題は起きるし、壁にぶち当たります。

ただ、学級がスタートするときに担任が学級の道しるべを示し、

「この学級のリーダーは先生だよ!」

「先生も含めてみんなで学級を作っていくんだよ!」

「先生はみんなが成長することを何よりも願っているんだよ!」

ということを理解させることが何よりも大切です。

何か問題があったときに、そこに立ち戻れるからです。

だから、教員は学級開きで子どもたちに伝えたことを、ブレずに伝え続ける必要があります

大変ですが、学級を0から作っていくのは、教員の仕事の最も楽しい部分でもあります。

子どもたちが1年を終えるときに、

「このクラスでよかった〜!」

「1年間楽しかった〜!」

と思えるような学級を、子どもたちと一緒に作ってくだいね♪

 

【小学校教員の仕事の魅力】とは?私の楽しかったこと、嬉しかったこと https://ryooookoo.com/taihen1 https://ryooookoo.c...

 

りょうこ
りょうこ
今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)